湯屋敷孝楽 さいたま市

画像

料金:平日 550円 土日祝日 650円
営業時間:10:00~25:00
定休日:第3水曜日
駐車場:あり
住所:埼玉県さいたま市浦和区元町2-18-12
TEL:048-678-1126
HP:http://www.yuyashiki.com/
泉質:非温泉

典型的なスーパー銭湯に岩盤浴(実際は岩盤ではないが)が付きました!的な施設。1Fは駐車場になっており、階段orエレベータで2Fへ上がると入り口があります。

画像

画像
下駄箱は100円不要

受付左の券売機にて入浴券を購入します。今はキャンペーン中らしく、ヒーリングサウナ(岩盤浴)とのセットが土日祝日990円という事で、そちらを購入すると、券が2枚出てくるので、入浴券のみを受付に提出。岩盤浴の券は別途受付カウンターにて差し出す仕組みで、その時に時間を予約します。(25分の完全入替制)それでは脱衣所へ。

画像

ロッカーは若干小さめというか、縦の高さが低く、100円リターン式です。では荷物を入れて風呂場へ。

内湯に入ると左手にカランが並び、その対面に5人分の腰掛湯と足つぼ湯があり、正面に進むと左手に39度程度のぬる湯、その右側に40度程度のメインの浴槽があります。少し右手手前に寝湯ジェットx2と寝湯バブルx1あり。

露天はあまり広くなく、丸い41度程度の浴槽の他につぼ湯x3があり、奥に建物があって、スチームサウナかな?と思いましたが、寝転び湯と表記されています。どうなってんだろと思って中に入ると、ドーム型の丸い建物に10人定員の温度低めな寝転び湯があり、中は薄暗くて湯気も立ち込めています。これが気持ち良くてやはり人気があり、常時ほぼ満員状態でした。

サウナは90度程度の普通の時計、12分計、テレビありで20人は余裕で入る広さ。水風呂は18度程度と適温ですが、3人くらいしか入れない小さい浴槽でした。冷水器は内湯入り口付近にあり。

カランは間仕切り無しのリンスインシャンプー、ボディーソープ完備。シャワーの勢いがちょっと足り無すぎな感じでした。ビン牛乳は自販機コーナーにて小岩井牛乳が100円とワンコインサービスです。

では、岩盤浴へ。時間5分前に行って水を頂き、いざ中へ。これは変わってます。何が変わってるかって、中が明るいです(笑)というか前面がガラス張りになっていて、ブラインドを下ろしてはいるものの思いっきり光が入ってきていて、岩盤浴としてはとても珍しい造りとなっています。で、実際には岩盤ではなくて砂利が敷き詰められた床が低温、中温、高温と3種類に分かれて配置されており、好きな場所に寝転びます。

まぁ中温かなと思って寝転ぶと、アナウンスが流れていざ開始。立体音響の感じは湯楽の里市原の岩盤浴ととても似ていました。「岩盤じゃ無いし余裕でしょ」と思って中温に寝ましたが、これがどうして結構な熱さで、スチームも導入されているので終わる頃には結構ヘロヘロになってました。。。(笑)では食事処へ。

画像

券売機で食券を買って提出する、完全セルフサービス方式です。

画像
えび天ざるそば 750円

メニューの数はとっても少なく、量も少なく。。小食の私が思うので、これはかなり少ないと思われます。味のほうはまぁ、こんなもんっすかね~。食事処は完全分煙です。

画像
自販機コーナー

有料の座敷を借りれば別ですが、横になって休める場所はありません。食事処やその他長椅子が置いてある場所にはやたらと「寝転ぶのはご遠慮下さい」という内容の張り紙がうるさいくらい貼ってありました。

注意書きの張り紙がいっぱい張ってあるって事は、そういう傾向があるという事でしょう。つまりお客さんは横になりたがってるわけです。まぁ店の方針なのでしょうが、そういうスペースを造れば施設的にはもっと良くなると思うんですけどね~。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック