アスティル新橋(ASTIL)

画像

料金:3,000円(レギュラーコース5時間)
営業時間:正午12:00~翌10:00
年中無休
駐車場:なし
住所:東京都港区新橋3-12-3
TEL:03-5401-0356
HP:http://www.oasissauna.jp/
泉質:非温泉

新橋駅の烏森口からすぐ、駅から出て少し歩くともう見えるという好立地にある温浴施設です。同ビル内には女性専用のスパが階違いであり、中は完全に別れている為家族やカップルには不向きな施設です。

画像


画像
下駄箱は100円不要

下駄箱のキーを受付に提出し、入場料を支払います。本日はあまり時間が無かったので2時間コース2,000円としました。この時に館内着をガウンタイプか簡易タイプか聞かれ、簡易タイプを選択。バーコード付リストバンドを受取り、ロッカールームへ。

自分のロッカー番号を見つけていざ開けようとリストバンドを見ると鍵が付いてない。「え?か、鍵ないじゃんこれ」と思ってあたふたしてロッカーの方を見ると「リストバンドをかざしてください」と書いてありました。リストバンドは全く持って普通のキー付きのタイプなので、これは珍しいというか初めて見ました。バーコード部分をかざすと「カチャッ」とロックが解除される仕組みです。開けると中に館内着とバスタオルが入っています。

画像

画像


さて風呂は階段を使って一つ上の階にあります。館内着に着替えてバスタオルを持って階段で上の階へ。脱衣所には別途ロッカーがあるので好きな所に館内着を入れて備え付けの小タオルを取り、いざ風呂場へ。

湯船は2つのみで、一つはメインの41度程度の白湯にバブルバスがあるやつ、もう一つは小さめの浴槽で41度程度の超微粒子の白濁したお湯です。サウナは2種類で一つはスチームサウナで7人程度。ドライサウナは25人ほど入れる広さでテレビ無しの12分計あり、80度程度で、小さなサウナマットを一人ずつ使う方式ですが、そのサウナマットがサウナ内に置いてあるという珍しい方式。必然的にサウナマット=室温=80度くらいになっていて、お尻に敷くと最初あっついです(笑)時間式で自動的にサウナストーンに水が落ちてくるようになっており、落ちてくるまでの残り時間が電光掲示でサウナの外にカウントダウンされていました。露天風呂はありません。

カランは間仕切りありのボディーソープ、リンスインシャンプー、アカスリタオル、歯ブラシ、髭剃り完備のどれも使い放題。ハンドシャワーは時間止水式ではないタイプで勢いも良く、とても使いやすいです。この他にあったかいリクライニングタイル椅子x2、足湯x2、立ちシャワーx2がありました。ビン牛乳ですが自販機はどこにも無く、レストランにてメグミルクのビン牛乳が250円!ちょっとぼったくり過ぎですね。。。

画像
レストラン

画像
レストラン手前の無料リクライニングエリア

画像
こちらは有料&指定です

画像
オアシスルーム

上のオアシスルームは12:00~21:00までは無料で利用でき、何だか必要以上に暗く、奥の方はほとんど真っ暗じゃないの?って感じでした。昼間は誰も居ませんでしたが、夜はここでビールの販売もやっているらしく、一体どういう感じになっているのか想像つきません。

おじさんの町新橋で、終電を逃せば平日4,000円で宿泊可能なので、そういう利用ならもってこいでしょう。但し休めるエリアは上に紹介したのみ、つまり個室系は無いので、そういうのが嫌いな人はダメかもしれませんね。といっても酒呑んで終電逃したのなら、そんなのどーでもいいと思いますけどね(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック