花和楽の湯 埼玉県比企郡(旧なめがわ森林スパ 花明かり)

画像

料金:1,050円
営業時間:10:00~24:00
不定休
駐車場:あり
住所:埼玉県比企郡滑川町羽尾2178
TEL:0493-57-2683
HP:http://www.hanaakari-spa.com/
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉

リニューアルして名前が変わったのですが、リニューアル前に訪れたことは無く、今回初訪問です。Webで調べる限りは結構評判が良いので、期待が高まります。

画像

画像
玄関へのアプローチ

広大な敷地を利用した玄関へのアプローチから中々の物で、スーパー銭湯とは思えないこだわり感が最初から伺えます。

画像
下駄箱は100円不要

画像
受付

受付に下駄箱のキーを預けるとバーコード付リストバンドを手渡され、全て退館時清算と説明された後にレシートを手渡されます。このレシートを奥のカウンターに持っていくと館内着+大小タオルセットと引き換えるという仕組みです。建物は大きく3棟に分かれていて、渡り廊下でつながっているという凝った造り。

画像
この先が風呂場エリア

画像
逆(受付)側

館内着セットをもらうカウンターを過ぎるとすぐに男女の暖簾があり、その先には家族風呂エリアがありました。

画像

画像
ロッカーは広くて使い易い

画像

早速風呂場へ。内湯は42度程度の温泉浴槽を満たした段の付いた深めの浴槽が一つだけあり、塩化物泉としては珍しい無色透明なのですが、しっかりとした塩味があります。循環しているようですが塩素臭はあまり感じられませんでした。PH7.6(記憶が曖昧)の割にはあまりヌルスベ感は感じられず、塩泉としても薄い方で浴後のべたつき感もあまりありません。そしてここの売りは何と言っても露天ですね。

画像

設計者のこだわりが伺える、すばらしい造りです。正面の目隠しは実際にはとても高い位置にあるのですが、土を盛り上げて木々を植えた先に柵が設置されている為に圧迫感が全く無く、風情と開放感をかもし出しています。岩風呂のお湯は内湯と同じ温泉でやはり42度程度、その湯続きで20センチくらいの浅い寝湯があるエリアに木の枕が置いてあり、みなさん思い思いの方向に置いて寝そべっていました。更に奥には籐のデッキチェアーが5脚置いてあって、本日はあいにくの空模様でしたが気持ち良くくつろぎました。

サウナは行儀良く詰めれば20人以上入れる広さで12分計ありのテレビありなのですが、テレビ番組を流しているわけではなく、DVDの環境映像(この日はイギリスの観光地)を延々と流していました。そして11時15分から1時間おきにロウリュウをやるという気合の入ったサービスをやっていて、腕前も中々の物でした。水風呂は露天にて18度程度、冷水器はサウナを出た所に設置。

カランは間仕切りありのシャンプー、リンス、ボディーソープ完備。ハンドシャワーは勢いも十分で吐水時間も長くてとても使いやすいです。ビン牛乳はロッカールームの自販機にてフルヤ牛乳がありましたが、今までに見た事が無い4.0(加工乳ではなく成分無調整)ってのが130円でした。それでは食事処へ。

画像
テラスの先に見えるのが食事処

画像
この他に個室っぽい所とテーブル席もあり

画像
天ぷらそば 1,050円

味は中々美味しかったですが、蕎麦湯のサービスはありませんでした。では休憩処へ。

画像

この畳の寝転び処は暖房がきつめに設定されていて、風呂上りにはきついらしく、入った途端に「暑いな」と言って出て行くお客さんが結構いらっしゃいました。この他に別棟に板の間の寝転び処もあり、そこは普通の温度設定となっていました。

画像
お土産コーナー

画像
夕方になると明りが灯り始め

画像
良い雰囲気

独自のコンセプトで風情があり、従業員の対応もすばらしくてとても良い施設なのですが、、、残念な事にお客さんの質というかマナーが悪いですね~。食事処だろうが構わず走り回って奇声を発している子供を叱る事も無く放置の親多数、寝転び処では御構い無くペチャクチャしゃべっている大人。。。これらは店側が悪いという事ではないので、地域性なのでしょうか。残念。料金も館内着セット付きでこの価格ならリーズナブルです。とても良い施設なのに、本当に残念です。お湯の質がもう少し良くて客層が良ければ自分的には星5つの施設なんですけどね~。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

この記事へのコメント

原木温泉マン
2011年11月06日 23:47
今日はあいにくの天気だったんで関越道は空いてて行きやすかったんじゃないですか(^_^)リニューアル前はサンダルに履きかえて、食事処と休憩所に行く面倒な造りでしたが良くなったみたいですねぇ。森林公園とセットで行ってみます。
2011年11月07日 00:03
原木温泉マンさま
関越道は確かに行きは空いていたのですが、帰りは。。。行きはよいよい帰りは怖いでした。。。

この記事へのトラックバック