湯けむり横丁 おおみや

画像

料金:平日 800円 土日祝日 1,000円 いづれも小タオル付
営業時間:10:00~26:00
年中無休
駐車場:あり
住所:埼玉県さいたま市西区三橋5-1010
TEL:048‐620‐1126
HP:http://www.yukaisoukai.com/ohm/
泉質:ナトリウム-塩化物泉

湯けむり横丁はどこも同じ雰囲気の造りと思っていたのですが、良い感じで裏切られました。それは後ほど。。

画像

画像

下駄箱は100円不要。受付手前の券売機にて入浴券を購入し、受付に提出するとバーコード付リストバンドと小タオルを手渡されます。自販機等対応していない物があるものの、館内はほぼバーコードで精算可能。では2Fロッカールームへ。

画像

画像

リストバンドの番号とは関係無く100円不要のどこでも好きなロッカーへ荷物を入れて、いざ風呂場へ。

入るとすぐ手前右手に39度程度の白湯ジェットバス系があり、床バブル、寝湯ジェットx3、電気風呂があります。その奥露天側に座湯ジェットx2、立ち式ジェットx2があってこの立ち式ジェットが結構威力があって腰に当てると気持ち良くほぐしてくれました。続いて露天へ。

露天は全て温泉を使用。まず出てすぐ左手に39度程度のつぼ湯x4、正面にはぬる湯と書かれた39度程度の岩風呂があり、透明度の高い薄茶色の塩泉でPH7.7のお湯は適度なスベスベ感があり、薄いながらも鉱泉臭がするお湯を循環殺菌して使用しています。塩泉としてはさほど良い泉質とは言えませんが正真正銘の天然温泉です。このぬる湯の部分に今では珍しい打たせ湯x2がありました。

この他に43度のあつ湯岩風呂、7人定員の白湯の寝湯、更に湯屋として造られた建物の中にも温泉浴槽があり、ここにカランが4つほど並んでいてこの辺りの造りは美浜の湯けむり横丁と同じですね。ここの湯抜きはやはり自然換気となっていました。この他に床の寝転び所もありました。

そして驚いたのが、露天からのみ行ける所に喫煙所が設置されている点。これは暗黙のうちに風呂場へ煙草とライターを持って入ってもOKということです。実際煙草を吸っている人がいました。これはかなり驚き。始めて見ました。

サウナは一つの入り口から入る形で2つに分かれており、1つが65度程度の低温で25名程度、テレビありの12分計あり、もう一つは86度程度の高温で同じく25度程度、テレビありの12分計ありです。水風呂は18度程度と適度な冷たさでした。冷水器はサウナ入り口にあり。

カランは間仕切りありとなしの混合、シャンプー、リンス、ボディーソープ完備。ビン牛乳は1F食事処にてメグミルクが100円とワンコインプライスでした。そして湯けむり横丁ではおなじみの足湯が1F食事処にあります。

画像

画像
こちらも温泉を使用

さて、冒頭に書いた良い感じで裏切られたというその内容ですが、今まで体験した湯けむり横丁では、昭和の町並みを再現したいわゆるナンジャタウン風のコンセプトで造られていたのですが、ここのテーマは「湯治場」です。

画像

画像

画像
2Fには個室もあり

昭和の雰囲気も自分的にはツボなのですが、これも中々良いですね~。湯治場の雰囲気を良く再現していると思います。そしてこの雰囲気の中で食事。

画像
湯けむり膳 1,280円

いやー、おなか一杯になりました。味はまあ普通という所でしょうか。喫煙席と禁煙席は離れて造られており、煙が流れてこないようにきちんと配慮されています。

画像
機械式マッサージコーナー

画像
寝転び処

画像
もう一方の寝転び処

この他に薄暗いリクライニングチェアーのエリアがあって、DVDを流していました。チラっと見た程度ですが、この時はおそらくNANAを流していたもよう。

いやー中々良い施設ですね~。湯けむり横丁はどこも抜けが無いというか、徹底した独特の雰囲気作りは大した物です。激混みという程でもない適度な混み具合だし、結構オススメです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック